6666666_DSC5091

ポルシェが造った究極なるワゴン。

955 SPORT CLASSIC カイエン S トランスシベリア号

ド派手なコンプリートマシンとしての完成された小さな魅力。


初期型カイエン955モデルの全てが好き。


初期型 955のオーバークオリティーは

今さら説明するまでも御座いません。

カイエンシリーズで何が一番ポルシェらしいのか?

紛れも無くそれは955カイエンなんだと思われます。

955シリーズとはお馴染みの初期型モデルで、

2003年〜2006年まで製造されたカイエンを意味します。


入手し易い時期の到来とその恩恵。


ノンターボV8エンジンが搭載された

955カイエンSモデルが第四期の黄金期に突入ですから、

これから手に入れられる人にとっては間違いなく朗報なので御座います。

そして955スポクラコンプリートAFFスタイルの魅力とは何でしょう?

それは所有する喜びと洗練されたフォルムを高次元で手に入れる事に御座います。

上品なポルシェワゴンを大人のセンスで所有する喜びは言葉では表現出来ません。

955シリーズはSUVというよりはポルシェワゴンと表現します。

何もカスタムされていない純正スタイルそれはつまり腰高なカエルちゃんスタイルから、

ローフォルムで完全武装な955の洗練されたエクステリアフォルムへと

正しく変身させるのがオーナーとしてのセンスの見せ所なので御座います。


955と957の微妙な違い。

それは構造変更車検の恩恵があるかないか?


マイナーチェンジ後のカイエン957シリーズも

フロントのエアロさえ何とかすれば、

それはそれで重心も低く観得て腰高な雰囲気も消える事でしょう、

紅い957  GTS は流れ流れて三重県のクルマ屋さんに並んでおりますが、

いつかは縁あってまたAFF-1に戻って来るものと思われます。

本当は957シリーズも構造変更で1ナンバーが取得出来れば最高なのですが、

とりあえずは同じ予算があるのだとしたらカイエン 955最終モデルの、

特にノンターボ S  340馬力の初期型モデルに軍杯が上がります。

どのマシンもお約束の1ナンバー構造変更車検の組み合わせが理想的なのです。

955のV8なら1ナンバー構造変更車検の恩恵が得られますが、

その次のモデル後期 957シリーズはまだまだで御座います。


探し方によってはカイエンSノンターボもモチロン射程距離内。



初期型のカイエンSの魅力は
コストパフォーマンスな造り込みなんだと思われます。

ターボモデルとはまた違った大きな魅力は
シンプルな足廻りとフィーリングの良いエンジンにあります。




6666666_DSC4993










6666666_DSC5070











6666666_DSC5083











6666666_DSC5021











6666666_DSC5055










6666666_DSC5099











6666666_DSC5029











6666666_DSC5124












6666666_DSC5033










6666666_DSC5083









6666666_DSC5041